三代目 村田 誠

二代目 村田 宏和

松本市のJR「松本駅」から徒歩10分の場所にある
中国料理「CHINESE DINING 油家 ~チャイニーズダイニング あぶらや~」は、
先代から受け継ぐ味と、これから進化する味が融合することで
「油家~あぶらや~」の味になります。
"山椒油"や"辣油"など、全ての調味料を手作りにこだわり、時間をかけて丁寧に作り、
醤油や味噌など、日本の調味料を使うことで日本人にも馴染のある味が完成します。
よだれ鶏や麻婆豆腐など、ぜひ味わっていただきたいメニューがたくさんあり、
お料理にも合うワインや紹興酒などもご用意しております。
広い店内は宴会にもぴったりで、個室はご家族のお祝いなどで
ぜひご利用ください。

守りたい味

うま味が強く、少し濃いめの大久保醸造の醤油はお料理に使うと全体の味が決まる。先代より長年「油家~あぶらや~」の味を支えています。

鶏肉は手でも簡単にほぐれるまで柔らかく長時間かけて蒸していきます。しっとりとした鶏肉に濃厚な醤油ベースのタレをからませて味わってください。

進化する味

醤油

よだれ鶏

青山椒

調理

山椒油
青山椒と赤山椒の二種類の山椒を使うことで、より強い香りとしびれが油にうつります。

4時間かけてじっくり

甜麺醤

麻婆豆腐

日本の味噌を使うことで、日本人にも食べやすい味が完成します。甘味の強いさくら味噌と濃厚な赤味噌を使うことでより深いコクのある調味料に仕上がります。

アツアツのままお召し上がりいただきたいので土鍋に入れてお出ししております。しっかりしびれが効いていますが、辛過ぎず食べやすい麻婆豆腐に仕上げております。

おすすめの中国料理


油家の味を決める調味料

辣油
日本人にも馴染のある辣油は、唐辛子などの香辛料を油の中で加熱して辛味成分を抽出した調味料です。
チューニャン
もち米を米麹により糖化させた、中国では料理に欠かせない調味料。エビチリなどに加え、甘みやコクをプラスします。
トウチ
黒豆を発酵させた、日本の納豆に近い調味料。麻婆豆腐などに加えて味の深みを加えています。

愉しみ方

ぜひお酒と共にお愉しみください

店主が厳選した信州のワインや、珍しい紹興酒などお料理に合うお酒もたくさんご用意しております。

中国料理に合うお酒はこちら

前菜から皆様で

お取り分けおすすめの料理

よだれ鶏や麻婆豆腐など、メインの料理以外もぜひ味わっていただきたいメニューがたくさんあります。皆様で取り分けていただき、様々な「油家」の中国料理をお愉しみください。

© CHINESE DINING ABURAYA.

最上部へ